ED治療の市販薬と処方薬の違い

ED治療の市販薬と処方薬の違いについてはその効果に大きなちがいがあります。
まず処方薬について述べます。
ED治療薬の正規品は厚生労働省から認可された医薬品でその効果は実証されています。
一錠あたり千数百円から購入することが可能です。
状態によっては副作用がみられる場合があるので、心臓や肝臓に疾患のある方は医師とよく相談して使用することが大切です。
国内の製薬会社の純正品として流通しているものは、主にバイアグラ、シアリス、レビトラの3種類です。
それぞれの効能や特徴をよく理解し、自分にあった薬を使用することが大切です。
ただあくまでもこれらの薬は一時的に勃起を促すもので、摂取していればEDを改善できる治療効果があるわけではないということは理解しておかなければいけません。
そして市販薬についてですが、やはり処方薬に比べるとその効果は不確定なところがあります。
まず処方薬のような即効性のあるものはほとんどありません。
精力向上に効果があるといわれるマカや漢方、サプリメントなどがED治療に対する市販薬としてあげられます。
ただ市販薬となるとその中に含まれる有効成分の含有量が非常に少ないことがあげられます。
よってEDや勃起不全といった症状を解消するにはやはり処方薬を使用したほうが効果を実感できるといえるでしょう。