薬剤性EDの原因となる主な薬剤を知る

EDになってしまう原因は精神的なストレス、過度な疲労、血行不良、老化による衰えなど様々なものがあり、それぞれに合った改善策が必要となってきます。

そして普段使っている薬が原因している薬剤性EDという症状もあります。
どんな薬でもEDになるというわけではありませんが、症状を引き起こしやすい薬もありますので、どういった薬が原因になるのかも知っておきましょう。

薬剤性EDの主な薬剤としては、まずは高血圧治療に使われている降圧剤があげられます。血圧の低下が起きると陰茎に流れる毛血流も悪くなりますので、それがゆえに勃起不全は起きやすいと言えます。
かといって薬を飲まずに高血圧を放置していると血管壁を傷つけ、動脈硬化の原因ともなりますし、動脈硬化もまたEDにつながります。

このほかの薬剤性EDを引き起こす主な薬剤では精神安定剤、抗うつ剤、向精神薬などがあげられます。
抗うつ剤などはセロトニンの濃度を増加させるのに役立ちますが、セロトニンが増えるとノルアドレナリンやドパミンを抑制しますので性機能を抑えてしまう場合もあります。

このほかの主な薬剤では男性ホルモンを抑制する薬もあげられます。前立腺肥大症や前立腺がんの治療の場合は男性ホルモンのテストステロンの分泌を抑える薬がよく利用されていますが、こうした薬を利用すると性欲が低下したり、性機能も一緒に低下してしまうこともあります。

このほかにも消化管に作用する薬や薄毛治療薬でEDの症状が出る場合もあります。
こうした薬を飲んでいるからといって、すべての人がEDになるわけではなく、個人差もあります。
EDの症状が出た場合は、医師と相談して別の薬に変更してもらうことで改善できる場合もありますし、またはED治療薬との併用なども相談したいところです。